品質・環境方針

品質方針

  1. 1.信光社グループ全体を一体化し、目標達成に向けて社員全員の心を一つにして相乗効果を発揮する。
  2. 2.お客様第一主義を徹底し、お客様の視点に立ち、より一層お客様に満足・感動していただけるようにする。
  3. 3.当社の製品開発力と生産技術力を高め、高付加価値製品のラインナップを充実させ、製品の品質をさらに向上させる。
  4. 4.業務の改善・改革を常に継続的に進め、製造の歩留り改善、全社的なコスト削減、生産性向上を図る。
  5. 5.各現場での5Sの基本を徹底し、うっかりミスを撲滅し、お客様からのクレームを一層削減する。 以上の全社的な品質方針を各部署の品質目標に落とし込み、その目標達成に各部署は全力で取り組む。
  6. 6.以上の全社的な品質方針を各部署の品質目標に落とし込み,その目標達成に各部署は全力で取り組む。

環境方針

基本理念

株式会社信光社は「地球にやさしいものづくり企業」をモットーに地球環境保全を最重要課題のひとつと認識し、地球環境の保全、資源の保護、環境汚染の防止に努めます。

環境方針

  1. 1.当社は、酸化物単結晶(サファイア、ルチル等)・産業用(ファイバレーザー用)の光アイソレータ及び光センサ製品の開発・製造・販売を通して環境への取り組み並びに環境経営システムの継続的な改善を図ります。
  2. 2.当社の事業活動及び製品・サービスに関する環境負荷を常に認識し環境関連法規条例等を遵守し環境汚染の未然防止に努めるとともに、次の活動に取組み、環境負荷の低減に努めます。
    • 電気、都市ガス等の省エネルギー化を推進し、二酸化炭素の排出量を削減します。
    • 廃棄物の分別を徹底し、廃棄物の削減とリサイクルによる資源化を推進します。
    • 適正使用による節水を推進し、総排水量の削減に努めます。
    • 環境汚染を未然に防止するため、化学物質の適正管理を推進します。
    • グリーン調達により環境への負荷を軽減します。
    • 環境に配慮した製品の拡販に努めます
  1. 3.地域社会とコミュニケーションを図り、地域社会の生活環境保全に努めます。
  2. 4.この環境方針を全従業員に周知するとともに、環境教育を実施して、環境保全意識の向上に努めます。

制定日 2011年 5月2日
改訂日 2019年1月7日

株式会社 信光社
代表取締役社長 米澤 勝之